愛犬

犬種・年齢・健康・活動状態に合わせたベストバランスフード

犬は年齢や犬種、健康状態、運動量によって一日に必要な栄養の摂取量が異なります。
その犬の年齢や大きさなどに合わせた栄養摂取量をきちんとあたえていくのは、飼い主の責任ということになります。
犬種別のドッグフードはこちらに紹介されています。

犬の年齢にあわせて、また、健康状態に合わせてドッグフードを選んでいくというのは、犬にとって非常に大切なことになります。
また、動くことの少なくなった老犬に幼犬と同じ量の栄養を与えてしまうと、肥満になってしまう恐れもあり、関節に負担をかけ、動物の動きを制限してしまうことになったり、
病気にさせてしまうことも考えられます。

その犬の年齢に合わせたドッグフード選びはもちろんのこと、犬の大きさ、犬種によっても、一日に必要な栄養素の量が全く違います。
小さなチワワに毎日ブルドッグに与えるのと同じだけの栄養素を与え続けてしまうと、チワワのからだではその栄養素を使いきることが出来ず、
様々な健康に害を及ぼしたり、肥満にさせてしまうということは容易に想像がつくことでしょう。
犬の種類や体重、活動内容によってドッグフードは様々な種類が販売されていますので、その子に合ったフード選びをしてあげることが、飼い主の責任でもあります。
メリットの大きいドッグフードというものが紹介されていましたのでご覧ください。

皮膚のケアが必要な子、消化器系にトラブルを抱えている子、体重管理が必要な子、ダイエットしなければいけない子、なかなか太ることが出来ない子、
心臓や肝臓・腎臓の数値が高く、一般的なフードを食べることが出来ない子、犬の病気も人間同様多種多様にありますから、まず愛犬の体調がおかしいなと思ったら自己判断せずに、
獣医師のもとへ相談に行かれるのがいいかとは思いますが、そのあとの食事管理は飼い主にしかできないことです。

どのような食事を食べさせていくのか、その子の健康状態を知ることによりフードは変わってきてしまいます。
愛犬の様子をしっかりと観察し、必要な栄養素や体調に合わせたフードをきちんと毎日食べさせてあげることで、愛犬の健康維持と管理をしてあげられるようにしてあげることが
飼い主の役割です。

Menu