愛犬

危険なフードを選ばない方法

ドッグフードには危険なものがたくさん含まれている製品があります。
これは、パッケージに使用している原材料をすべて記名する必要がないということがまず第一です。
どのドッグフードもすべて100%安心できるとは、正直言いにくいのが現実的な問題です。

危険なドッグフードを選ばないためにはどうしたらいいのかを考えてみたいと思います。
危険なドッグフードを選ばないために気をつけること+は、まずホームセンターなどで格安に売られているフードは確実に避けるということです。
また、パッケージの表記に「エトキシキン」「BHA」「BHT」と表記されているものは避けてください。
これは防腐剤のなかでも強いものですので、動物の健康を害してしまう恐れがあります。

牛脂や鶏脂などを原材料に使っている場合にも要注意です。
脂肪分は酸化してしまう恐れがありますので、酸化防止剤が多く含まれている可能性が疑えます。

作られた国の名前や輸入した事業主の名前、住所などが記載されているか確認することも重要です。
明記されていない場合、何かトラブルがあった場合に連絡を取ることもできず、名前を明かせないところで製造しているということになるわけです。
信用性の問題でもありますよね。

次には、色とりどりに彩られているドライフードは避けたほうがいいということです。
着色料はなぜ使われているのでしょう?
犬は色彩を見分けることが出来ません。
飼い主が色とりどりのほうがきれいだからと思ってしまうだけなのです。
おいしそうに見えるんだろうと勘違いしてしまうのですが、犬は白黒の世界で生きていますので、色の鮮やかさは関係ないのです。
ですから、合成着色料のような化学物質が含まれているものを購入する必要性は全くないわけです。
それどころか、犬の体に悪いものがたくさん含まれているものを購入してしまうだけなのです。
ですから、自然な材料の色のドッグフードを購入するということで全く問題はないわけですから、合成着色料を使用した者の購入は避けましょう。
他にも危険なドッグフードを選ばないコツが載っていますのでご覧ください。

ほんの少しの知識で犬の健康を守ることが出来るのです。
原材料や品質にこだわったドッグフードがいくつか紹介されていますので
そういったものを参考にしても良いと思います。
いつまでも愛犬の笑顔をみていたいですね!

Menu