愛犬

主食にプラスしてご活用いただく補助食

基本的に、犬の主食は総合栄養食といわれるドッグフードを与える必要があります。
これにプラスして、主食と一緒、あるいはおやつとして使用することが出来る補助食といわれるものがあります。
これは、犬の健康を維持している総合栄養食の補助食として使用するものであり、主食として使用するすることはできませんが、嗜好性を高めるためによく利用されています。
手作りで犬の食事を作っている方などには、こちらの補助食をプラスしていただくことにより、栄養素をプラスすることも可能です。

この補助食というのは缶詰に密封されているものや、ジャーキーのようになっているもの、主食のゴハンにふりかけのようにパウダー状になっているものなど様々です。
一般的にジャーキーなどのように乾燥しているものには、酸化防止剤など、犬にとって有害な物質が含まれていることも多いですが、
缶詰に密封されているタイプのものなどは、密封することにより酸化を防ぐものや防腐剤を使用しなくてもいいように配慮されているものがあります。

こちらの補助食は、年齢や犬の大きさに関わらず、飼い主様が必要だと思われる程度の量を調整して食べさせることが可能です。
あくまでも総合栄養食が主食となっていますので、わんちゃんに合わせた適量を嗜好性を高めるために食べさせることが可能だからです。

補助食の中には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているものが多く、犬の健康を損なう恐れもないですし、逆に犬の健康のためには毎日少し筒でも与えるほうが
いいものが含まれています。
犬に足りなくなりがちな栄養素を補助食で補ってあげるということは、犬の健康維持に大きく役立つのです。

ただし、こちらの補助食をご購入になるときには、必ず健康を損なうような材料を使用していないことを確かめる必要性があります。
犬の体に害を及ぼすものが入っていないということをしっかりと飼い主の目で確かめて判断してから、愛犬に与えるようにすることが大切です。

Menu